紫外線記事一覧

 

UVの音量は、30年前の数量百ダブルだ!!今日、染みが増えてきた。 小ジワが目立ってきた。 肌がカサカサやる。 肌が鋭敏になってきた。 ニキビが何やら治らない。こういった肌の不便の面倒を解消したいなら、まずはUVソリューションをバッチリ向き合いましょう。と言うのは、退化の事情というのは、自然イベントです、年を取って出向くため新陳代謝が下がるということもありますが、それ以上に、ライフからのほうが大き...

 
 

皮膚に対して最大の敵ですUVというのは、どのように悪影響があるのか?私たちはUVを浴びて日焼けをすると、皮膚が赤くなって炎症が起き上がることがあります。これは、皮膚が火傷を起こしている状態です。そして、赤みが消えた後にはシミが起こり、これがしみの最大の原因となっているのです。再度細胞を傷つけるので、最悪の場合表皮がんを起こしてしまうこともあります。さらに、コラーゲンを破壊する酵素の使い道を活性化す...

 
 

UVが原因となる何より危ない病魔があります。それは肌がんだ・・・UVの凄いストレスは、肌に著しいダメージを与えてしまう。それが肌の細胞ですDNAを傷つけてしまい癌にまで発展するケースがあるのです。実に世界中で見てみると、オーストラリアのウェザーは日差しが強い結果、年々肌がんのクランケが急増しているのです。現在では、西洋でもUVと肌がんの人付き合いを重要視し始めてあり、お天道様本においても肌がんの度...

 
 

UVを気をつけるのは、夏季だけだと思っていませんか?違うよ。年中、降り注いでいます。1年の中でUVが多い年は春から夏にかけてだ。その中でもとくに多い毎月は、5月だ。ついで7月になります。そして毎日の取り分け、にUVが多いのは、朝11歳月から昼過ぎ3歳月ごろまでだ。ですので、素肌をUVの心痛から続けるためには、どんどんこの時期・一時の外出は控えることが望ましいのです。外出をするにしても、黒い日傘は必...