MENU

今後の人生を司るのは30代からだ!

人は年齢とともに肌のキメがあらくなり、シワができて肌や概観がたるんでしまう。髪のツヤも消え去り、姿勢も全体的にしまりがなくなってしまう。しかしこれは必ず、退化だけの問題ではないと思います。

 

以前までは 「女性は25歳がお肌のカーブ 」と仰る年代がありました。ですが、かつてはとっくに『女性』と言われていた年齢、最近の30代、40代金でもとても若く可愛らしいおばさんをよく見かけるようになりました。逆におんなじ年齢であっても人によっては老けて見える人と幼く思える人がいますが、これはなぜでしょうか?

 

上っ面の年齢=メンタル年齢・身体のプラスの若さ

 

人内の上っ面の年齢というのは、実際の年齢と心の若々しさのメンタル年齢、グングン体のプラスの若さを現す生理的な年齢などが総合されているといいます。そして、実年齢と上っ面の年齢の差は、年を取るにつれて広がってしまう。つまり、上っ面の年齢は表面だけでなく、精神的な体力的な若さともに関係していると呼べるのです。

 

やはり人の年齢は、汚れやシワ、たるみによって現れてきます。試しに、若々しくて愛らしい機種様の面持撮影の後から、目の下や口の周りに手を書き込んで下さい。それだけで老けた面持に変化してしまいます。そんな年齢の署名を放置しておくと、どんどんと年齢が進んでしまうため、なんらかの戦法が大切となる。

 

30代金が何より大事な状況だ!

 

実にある年齢に達してから、『今後の人生録、すばらしく年を繰り返しれるか?』は、30代からのスキンケアをどのように行ってきたかに左右されることが言えます。30代は、体の生体プラスからも外見上も、下落の兆しを捉え関わる年代金だ。

 

この時期の考えや、メンタル有様、スキンケアが、後半の人生録に大きなインパクトを加え方向性を決めてしまう。言い換えれば30代からのスキンケアが若さを保つツボと言えるでしょう。