MENU

染み・シワの成長に!

プラセンタドリンクに留まるプラセンタ中枢には、美貌白効果が期待できます。特に、メラニン色素の制作を抑制する運動があります。メラニンを抑制する方角はいくつかあるのですが、プラセンタには遺伝子等で抑えられるという欲望があるのです。

 

表皮が日光にぶつかると、メラニンが生まれます。しかしその前にメラニンの誘因を作らなければなりません。メラニンの誘因を見つけるのに遺伝子に組み込まれてあり、こういう遺伝子が活性化されるとメラニンが作られますが、その仕組をプラセンタが阻害すると考えられます。

 

しかし無条件にメラニンの制作を止めるわけではありません。メラニンにはUVの害を防ぐ運動もあり、これがなくなれば、人間はあっという間に表皮ガンになる。プラセンタの頼もしい点は、メラニンが過剰に精製された時折、抑制する方向に。不足している時折促進する方向にはたらくということです。

 

これはプラセンタに留まるサイトカイン的ものの運動だと考えられます。表皮の細胞からは、表皮の様子を左右するメンス活性ものが常に分泌されていますが、その音量プラセンタがコントロールしていると考えられます。

 

プラセンタがスキンに対して、多彩な運動を持つのもこんなからくりがあるからなのです。加えて、プラセンタが表皮の細胞を活性化してメラニンの排泄を促すことも美貌白に有効に作用します。

 

正常な表皮は2週で角質削げ、その時にメラニンにも一緒に排泄されます。しかし表皮が老化してくると、こういうターンオーバーの頻度が狂ってしまう結果、メラニンがいつまでもスキンに残ってしまうのです。これでシミが付着してまずまず取れなくなってしまう。。

 

そこでプラセンタの持つ表皮の細胞を賦活やる運動を利用するわけです。プラセンタで人時が本来持ち合わせるナチュラルヒーリングに呼びかけ、復調を早めることが可能になるのです。表皮のからくりが正常になればターンオーバーもまとまり、メラニンがスムーズに排出されるようになります。